2006年07月29日

ブラウン監督、2度目の退場


ブラウン監督、退場=プロ野球・広島 2006年7月29日(土) 22時1分
 (時事通信)

29日の広島−横浜12回戦(広島)で、
広島のブラウン監督が退場処分を受けた。

6回の攻撃で倉の三ゴロをファウルと主張し、
セ・リーグ申し合わせの5分を超える17分間の抗議をしたため。
代わってリブジー・コーチが指揮を執った。
同監督の退場処分は5月7日の中日8回戦(広島)に続き、今季2度目。 

昨日今日と連勝したから良いものの、
ブラウン監督、退場キャラとして定着してしまうのではないか、と
ちょっと心配してしまいますね。

|1票を入れる|
by カープファン at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

今日の注目株<7月29日>


CCIの4―6月期、経常益39%増・ネット広告拡大

インターネット広告企画・販売大手のサイバー・コミュニケーションズ が
28日発表した2006年4―6月期の連結業績は、
経常利益が前年同期比39%増の5億1900万円だった。
3.1倍の増益となった前年同期に比べ伸び率は鈍化したものの、
市場の拡大で売り上げを伸ばし、人件費負担の増加などを吸収した。

売上高は48%増の125億円。
自動車メーカーなど大手企業のネットへの広告出稿意欲は依然強く、
掲載料金の高い動画広告の普及で販売単価(単体ベース)も
121万円と24%上昇した。
検索連動型広告などの子会社の好調も収益を押し上げた。
一部の子会社で前期、決算修正の必要が生じたことに伴う特損の計上などが響き、
純利益は13%減の2億700万円だった。

こちらも是非参考に。


(株)サイバーエージェント(株)サイバー・コミュニケーションズ
どちらも業績は着実に伸びてますが、
やはり期待されているほどの伸びではないためか、
最高値件から既に3分の1くらいになっていますね。

ただし業績自体は好調のため、
反発を狙った買いがそろそろ出てくるころかもしれませんね。
by カープファン at 21:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の注目株

今日の注目ニュース<7月29日>


日本、今年2.9%成長に・IMFが上方修正

国際通貨基金(IMF)は28日、日本経済の審査報告書を発表した。
2006年の実質経済成長率を2.9%と予測し、
4月時点の見通しを0.1ポイント上方修正した。
報告書は「日本のデフレは終わり、力強い景気回復軌道に乗っている」
との評価を示した。

ただ、07年の成長率は2.1%に低下し、
中期的には潜在成長率の1.7%程度まで減速すると指摘。
「当面は金融緩和政策を維持すべきだ」と述べ、
大幅な利上げを避けるよう求めた。
財政再建や構造改革を推進し、潜在成長率を引き上げる努力も要請した。

同時に発表した米経済の審査報告書では、
06年の成長率を4月時点より0.1ポイント高い3.5%と予測した。
「経済成長が潜在成長率(3%台前半)まで減速し、
インフレ圧力も抑えられるという軟着陸シナリオ」を基本としながらも、
住宅市場の冷え込みなどによる景気下押しのリスクや、
原油高などによる物価押し上げのリスクも残ると指摘した。

こちらも是非参考に。


ここ最近、外資がどんどん日本株から離れている気がします。
上方修正とは言え、まだまだ日本経済が安定成長に入るまでは
時間が掛かるのでしょうか。
by カープファン at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 今日の注目ニュース

夜の米国株チェック<7月28日>


NYダウ急反発、一時100ドル超す上げ

28日のニューヨーク株式市場でダウ工業株30種平均が急反発。
正午(日本時間29日午前1時)現在、
前日終値比129ドル83セント高の1万1230ドル26セントで推移している。

4―6月期の米GDPの速報値が市場予想を下回り、
8月の米連邦公開市場委員会での利上げ観測が後退。
ハイテクや消費関連など幅広い銘柄に買いが入っている。

【 世界の株価指数 】



そして、こちらも是非参考に。


利上げ終了観測から株高に繋がってきているのでしょうか。
これから一日どう推移するのか分かりませんが、
週明けの日本株も、場合によっては期待出来そうですね!!
by カープファン at 01:38 | Comment(3) | TrackBack(1) | 夜の米国株チェック

今日の注目ニュース<7月29日>


丸紅、ダイエー再建へ「他社との提携も検討」

丸紅は28日、産業再生機構が保有するダイエー株を8月中にすべて取得、
ダイエーへの出資比率を10.9%から44.6%に高め、
筆頭株主になると正式発表した。取得額は698億円。
勝俣宣夫丸紅社長は「ダイエーを核に食品事業を強化する」と
株取得の狙いを強調。
「ダイエーの企業価値向上につながるなら
他の小売企業との提携も検討したい」と語り、
単独再建にこだわらない姿勢を示した。

同日、都内で開いた記者会見には丸紅の勝俣社長のほか、
同じ事業スポンサーである
アドバンテッジパートナーズ(AP)の笹沼泰助代表パートナー、
産業再生機構の斉藤惇社長、
ダイエーの林文子会長兼最高経営責任者(CEO)、
樋口泰行社長兼最高執行責任者(COO)が出席した。


こちらも是非参考に。


(株)ダイエーはかなりのリストラを経て、
7月13日の四半期決算で黒字化してます。
いよいよ強いダイエー復活に向けて再始動か。
ダイエーホークス時代が懐かしいですね。
by カープファン at 01:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の注目ニュース



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。