2006年08月13日

今日の注目ニュース<8月12日>


来週のNY市場、7月CPIが最大の注目点

[東京 12日 ロイター]
14日から始まる週のニューヨーク市場は、
7月の消費者物価指数(CPI)が最も注目されている。
連邦準備理事会(FRB)は8日、約2年に及んだ金融引き締めの休止を決定、
経済成長は今後鈍化するとの見方を示した。
16日発表のCPIの数字でFRBの見通しが試されることになる。

インフレ圧力が一段と高まれば
FRBに対する信任が揺らぐことになる、との指摘もある。
バークレイズ・キャピタルのグローバル為替戦略部門の代表、
デビッド・ウー氏はリサーチノートで
「現時点で一段のインフレ圧力の高まりが確認されれば、
FRBの信任に対する疑問が高まり、ドル安圧力につながる」と指摘している。

15日発表の7月の卸売物価指数(PPI)や
6月の対米証券投資の数字も注目されている。

〜 中略 〜

来週からお盆に入ります。
CPIの数字でインフレ傾向がさらに進んでいるのかどうか、
明けて17日からの動きにも注目ですね。

上位50位を見る ⇒
by カープファン at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の注目ニュース

2006年08月12日

今日の注目株A<8月12日>


続いて2つ目の注目株は(株)インデックス・ホールディングス

(株)インデックス・ホールディングスが、
保有していたインターネット競売のディー・エヌ・エー株すべてを売却した。
約130億円の売却資金は
「携帯電話向けシステム開発などに充てる」と説明している。

同社が関東財務局に11日提出した大量保有報告書で明らかになった。
4万5000株(発行済み株式の9.4%)を10日、
一株28万8000円で機関投資家などに市場外で売却したもよう。
売却益は公表していない。

〜 中略 〜

NIKKEI NETの記事はこちら。
  『インデックス、ディー・エヌ・エー株全株を売却』

インデックスも今年に入ってから株価は軟調。
年初来高値から3分の1の水準です。
  株価チャートはこちら

インデックスはTV放送とケータイの融合を友好的に進めており、
ワンセグ放送でのビジネスモデルに積極的に取り組んでいます。
まだまだ保有端末などの台数も少なく、
大きな収益にはなっていないようですが、
今後の可能性に期待ですね。

上位50位を見る ⇒
by カープファン at 17:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の注目株

今日の注目株<8月12日>


まず1つ目の注目株はガンホーオンラインエンターテイメント(株)

ガンホーオンラインエンターテイメント(株)
11日発表した2006年6月中間期の連結決算では、
経常利益が前年同期単独比43%減の1億3700万円だった。
ゲームの運営事業は堅調に伸びたが、
7月から携帯電話向けゲーム配信のジー・モードと共同で始めた
ゲームの集客サイトの立ち上げ費用が利益を圧迫した。

〜 中略 〜

NIKKEI NETの記事はこちら。
  『ガンホーの6月中間、経常益1億3700万円』

ガンホーオンラインエンターテイメント(株)と言えば。
IPO後の異常な株価上昇でマネーゲームの様相が強かった銘柄。
途中で分割もありましたが、
上場来高値から考えると今の株価は10分の1程度にまで下がっています。
  株価チャートはこちら

今回の決算といい、株価反転にはもう少し時間がかかりそうですね。

上位50位を見る ⇒
by カープファン at 16:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の注目株

広島、抗議Tシャツ第2弾披露




広島の試合前練習で、
ベース投げTシャツに続く、第2弾Tシャツが披露された。

西部劇の指名手配の張り紙を模したデザインで、
英語で前には「抗議とベース投げで1000ドル」、
後ろには「抗議とベース掃除で2000ドル」。
ブラウン監督の2度目の退場罰金が倍額だったことへの抗議?も
さりげなく込められている。

〜 中略 〜

ここまで来るともはや「ネタ」ですね。
一昨日の試合で一瞬巨人に4位の座を明け渡しましたが、
今日はエース黒田の力投で見事4位復帰!!
ファンとしてはまだまだAクラス入りの期待を
残しておいて欲しいです。

個人タイトルについては
打撃部門はもはや望めそうもないので、
唯一の希望としては
黒田の最多勝・最優秀防御率・最多奪三振あたりでしょうか。

・・・川上次第ですね。

上位50位を見る ⇒
by カープファン at 04:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

夜の米国株チェック<8月11日>


米国株、小幅安で始まる――景気認識への思惑で、アップル軟調

11日の米国株式相場は小幅安で始まった。
ダウ工業株30種平均は午前9時40分現在、
前日比28ドル34セント安の1万1096ドル3セント、
ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は
同9.39ポイント安の2062.35で推移している。

午前8時半に米商務省が発表した7月の小売売上高が
市場予想を大きく上回ったが、
米景気の減速ペースの認識を巡る思惑が交錯した結果、
むしろ売りで反応した。
朝方発表の7月の輸入物価指数が高水準で
インフレ懸念が根強いことも重しになっている。

〜 中略 〜

【 世界の株価指数 】


その後も、やや下落幅は拡大している状況です。

また、為替はここに来てドル高の様相に。
NY市場で、円は一時116円台にまで下落しています。

  『こちら』 のリアルタイム推移もご参考に。

上位50位を見る ⇒
by カープファン at 03:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 夜の米国株チェック



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。