2006年08月04日

フィデリティ投信<8月4日>


【会社名】ラサ工業(株)
【コード】4022
【提出時保有比率(%)】1.88%
【前保有比率(%)】7.39%


【会社名】(株)インテリジェンス
【コード】4757
【提出時保有比率(%)】9.86%
【前保有比率(%)】14.68%


【会社名】新興プランテック(株)
【コード】6379
【提出時保有比率(%)】8.61%
【前保有比率(%)】5.31%


【会社名】(株)三陽商会
【コード】8011
【提出時保有比率(%)】3.14%
【前保有比率(%)】6.23%


【会社名】(株)ニッセン
【コード】8248
【提出時保有比率(%)】0.37%
【前保有比率(%)】8.52%


【会社名】(株)日興コーディアルグループ
【コード】8603
【提出時保有比率(%)】3.93%
【前保有比率(%)】6.45%


【会社名】トランスコスモス(株)
【コード】9715
【提出時保有比率(%)】0.03%
【前保有比率(%)】6.83%


【会社名】ディップ(株)
【コード】2379
【提出時保有比率(%)】12.67%
【前保有比率(%)】13.79%


久しぶりに、大量に来ました。
大きく売られているものがほとんどですが、
新興プランテック(株)は買い集められていたりもしてます。

フェデリティが買っている、と言う事実に加え、少しずつ浮動株が減ることで
今後大きく上がる可能性もありそうですね。

アイコン/素材

上位50位を見る ⇒
by カープファン at 22:09 | Comment(1) | TrackBack(0) | フィデリティ投信

ゴールドマンサックス<8月4日>


【会社名】(株)フィデック
【コード】8423
【提出時保有比率(%)】21.07%
【前保有比率(%)】17.81%


(株)フィデックは、今日大幅に上昇しましたね。
色んなところで起こっているのですが、
ここしばらく下げすぎていた銘柄で
大幅反発が見られ始めています。

ゴールドマンが集めているということで、
ここももうしばらく買いが集まるかもしれませんね。

上位50位を見る ⇒
by カープファン at 21:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴールドマンサックス

JPモルガン<8月4日>


【会社名】アライドテレシスホールディングス(株)
【コード】6835
【提出時保有比率(%)】13.98%
【前保有比率(%)】15.17%


【会社名】(株)アドバンスクリエイト
【コード】8798
【提出時保有比率(%)】12.36%
【前保有比率(%)】13.54%


【会社名】アセット・マネジャーズ(株)
【コード】2337
【提出時保有比率(%)】10.09%
【前保有比率(%)】10.27%


日経は今日も続伸
28円高の1万5499円で引けました。

ここに来て、弱いようで頑張っていますね。
企業業績の好調さが支えているのでしょうか。
来週も引き続き期待しましょう。

アイコン/素材

上位50位を見る ⇒
by カープファン at 18:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | JPモルガン

今日の前場チェック<8月4日>


東証前引け・続伸も方向感乏しい――前場の売買代金は7932億円

4日午前の東京株式市場で日経平均株価は続伸。
前引けは前日比36円78銭(0.24%)高の1万5507円15銭だった。
前日3日の米株高を好感した買いが先行し、
前場を通じて小高い水準で推移した。
もっとも、米株高以外の手掛かりは特に見当たらず、
買い一巡後は方向感に乏しい展開。
戻り待ちの売りなどで伸び悩み、
前場中ごろ過ぎに一時1万5500円を割り込んだ。
東証株価指数(TOPIX)も続伸したが、
小幅ながら下げに転じる場面があった。

〜 中略 〜

今朝方の米国株続伸を受けて、
大きくプラスから始まりましたが、
休日前を見越してか、思ったよりも伸び悩んでいます。

そろそろ夏休み・お盆を意識した
キャッシュポジション化が始まるかも知れません。
焦らず、ゆっくり構えて行きたいですね。

アイコン/素材

上位50位を見る ⇒
by カープファン at 12:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

夜の米国株チェック<8月3日>


米国株、売り先行――小売株の一角が安い、ECB・英利上げも重し

3日朝の米株式相場は反落して始まった。
午前9時40分現在、ダウ工業株30種平均は
前日比37ドル46セント安の1万1162ドル47セント、
ハイテク株比率の高いナスダック総合株価指数は
同14.51ポイント安の2064.30で推移している。

小売り各社が発表した7月の既存店売上高で、
大手の一角がさえない結果となったことが重しになっている。
欧州中央銀行(ECB)とイングランド銀行(英中央銀行)が
利上げを決定。
英国の利上げは想定外だったとみる市場参加者が多く、
世界的な金融引き締めが市場心理を冷やしている面もある。

〜 中略 〜

【 世界の株価指数 】


ただし、現在は徐々に盛り返しており、
ナスダウともに、とうとう前日比プラスに反転。

金曜日ではあるものの、明日も底堅い展開か。
安心して買えるようになる日も近いかもしれませんね。

上位50位を見る ⇒
by カープファン at 02:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 夜の米国株チェック



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。