2006年08月19日

朝の米国株チェック<8月19日>


米国株、5日続伸・ダウ46ドル高、3カ月ぶり高値

18日の米株式相場は5日続伸。
ダウ工業株30種平均は前日比46ドル51セント高の
1万1381ドル47セントと5月16日以来、約3カ月ぶりの高値で終えた。
ナスダック総合株価指数は同6.34ポイント高の2163.95と
7月3日以来、約1カ月半ぶりの高値で終えた。

朝方は利益確定売りや個別材料を手掛かりとした買いが交錯したが、
米利上げ再開観測の後退が次第に意識され、
引けにかけ買いが優勢となった。
主な株価指数はこの日の高値圏で終えた。

〜 中略 〜

【 世界の株価指数 】


ようやく米国利上げ後退感が本格化してきたのでしょうか。
ここに来て米国株式も堅調に推移しています。
日本株式にとっても、今後が期待できるニュースですね。

後は、ここ数日はひとまず落ち着いてますが、
原油高がどこまで進行するかも気になるところです。

上位50位を見る ⇒
by カープファン at 10:12 | Comment(1) | TrackBack(0) | 朝の米国株チェック

今日の注目ニュース<8月19日>


信用取引の金利上げ相次ぐ、調達コスト膨らむ

証券会社が投資家に株式投資の資金を貸す信用取引の金利を
相次いで引き上げている。

SBIイー・トレード証券などネット専業大手が
今週に入って一斉に実施。
大和証券も18日、ネット取引を対象に金利を上げた。
日銀のゼロ金利解除を受けて短期金融市場の金利が上がり、
調達コストが膨らんだため、
一部を投資家に負担してもらう必要があると判断した。

〜 中略 〜

NIKKEI NETの記事はこちら。
  『信用取引の金利上げ相次ぐ、調達コスト膨らむ』

住宅ローン金利の上昇もそうですが、
いろいろなところでゼロ金利解除の影響が出始めています。

日本の景気回復の裏返しではあると思いますが、
こういうニュースだけ聞いていると、
素直に喜べないですね。

アイコン/素材

上位50位を見る ⇒
by カープファン at 09:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の注目ニュース

今日の注目株<8月19日>


今日の注目株はエネサーブ(株)

エネサーブは18日、
主力の自家発電設備の販売事業から撤退すると発表した。
原油高の影響で発電機販売が伸び悩んでいるほか、
燃料となる重油の仕入れで損失が膨らみかねないと判断した。

電力小売りが自由化され、
原油が安かった時期には割安な電気を供給できる自家発電機で
脚光を浴び急成長してきたが、
戦略転換を余儀なくされ、今後は電気の小売りなどの事業を中心にする。

〜 中略 〜

NIKKEI NETの記事はこちら。
  『エネサーブ、主力の自家発電事業から撤退』

省エネ事業は今後の注目分野だと思っていますが、
なかなか利益を上げるには難しいですね。

ちなみに、本日の株価は大きく上昇していますが、
本日の決算発表にあわせて、
大幅な下方修正と特別損失を発表。
来週以降、どのように動くのか注目したいところです。

上位50位を見る ⇒
by カープファン at 02:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の注目株



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。