2006年09月16日

朝の米国株チェック<9月16日>


米国株、ダウ33ドル高 ナスダック6ポイント高 ともに4カ月ぶり高値

15日の米株式市場ではダウ工業株30種平均が小反発。

前日比33ドル38セント高の1万1560ドル77セントと
5月10日以来、約4カ月ぶりの高値で終えた。
ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は小幅ながら6日続伸、
同6.86ポイント高の2235.59と
5月15日以来、約4カ月ぶりの高水準となった。

朝方発表の8月の消費者物価指数(CPI)が物価情勢の落ち着きを示したため、
追加利上げ観測が一段と後退し買いを誘った。

〜 中略 〜

【 世界の株価指数 】


結局の今週の日経平均は16000円を維持できず。
円安・原油価格の下落など、プラス材料は比較的多かったものの、
弱い動きとなりました。

今週末は3連休です。
一旦気分をリフレッシュさせて、来週以降の相場に期待しましょう。

注目銘柄はこちらでチェック
by カープファン at 10:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 朝の米国株チェック



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。