2006年10月01日

今日の注目ニュース<10月1日>


大手銀の住宅ローン金利、固定型下げ目立つ

三菱東京UFJ、みずほ、三井住友、りそなの大手4行は29日、
10月から適用する住宅ローン金利を発表した。
各行は借り入れ期間中に金利が変わる変動型の金利を6年ぶりに引き上げる。
一方で、固定型の金利は下げる銀行が目立った。

新しい変動金利は0.25%引き上げ、年2.625%にする。
変動金利は4月と10月が金利の改定時期で、
今回は短期プライムレート(最優遇貸出金利)が
8月に0.25%引き上げられたことに連動した。

大手行に加え、横浜銀行、千葉銀行、七十七銀行など有力地銀も
年2.625%の金利を適用する。

〜 中略 〜

日経住宅サーチの記事はこちらから。
  『大手銀の住宅ローン金利、固定型下げ目立つ』

いよいよ住宅ローン金利の上昇が始まりましたね。

変動金利の場合もしばらくは支払額が一定のままですが、
支払額が増加し、家計への影響が出始めるのも早そうですね。

今後、急激な上昇にならないと良いのですが。

注目銘柄はこちらでチェック
by カープファン at 22:16 | Comment(0) | TrackBack(5) | 今日の注目ニュース



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。