2008年01月17日

サブプライムの概要が見え始めるか?!


米メリル、サブプライム評価損1兆2000億円・10―12月

米証券大手メリルリンチは17日発表した10―12月期決算で、
信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)問題による
有価証券の評価損として115億ドル(約1兆2000億円)を
計上したことを明らかにした。

最終損益は98億3300万ドル(1兆500億円)の赤字で、
7―9月期に続いて2・四半期連続となる。
前年同期は23億ドルの黒字だった。

〜 中略 〜

NIKKEI NETの記事はこちらから。
  『米メリル、サブプライム評価損1兆2000億円・10―12月』

シティに続き、メリルリンチでも1兆超えの巨額損失計上ですか・・・。

とは言え、これで少しずつサブプライムローンの概要も見え始め、
短期的には、ある程度心理的な不安感は軽減された気もしてます。

どちらかと言うと、倒産件数の増加や政治への不信感、
資源を他国に頼らざるを得ない日本経済の方が
心配な気がするのですが、為替相場は引き続き円高水準を維持してますね。

外需に頼りがちな日本株にとって、
そして、外貨投信の多い自分としても、
もっと円安水準に触れて行って欲しいものです。

ランキングで注目ニュースをチェック
by カープファン at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の注目ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/79147265
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。