2006年10月09日

夜の米国株チェック<10月9日>


米国株、小動きで始まる――北朝鮮が核実験、買い手控えムード

9日の米国株式相場は小動きで始まった。

ダウ工業株30種平均は午前9時36分現在、
前週末比10ドル49セント安の1万1839ドル72セント、
ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は
同1.68ポイント高の2301.67で推移している。

9日の北朝鮮の核実験実施を受け、
国際的な緊張の高まりを警戒して買いが手控えられている。

〜 中略 〜

【 世界の株価指数 】


今日の北朝鮮の核実験表明を受けて、アジア株は全面安の様相。
韓国総合指数は、連休前の4日終値に比べて
32.60ポイント(2.41%)安の1319.40で引けたようです。

明日の日経平均でも、外国投資家の地政学リスクから、
大きな下げも予測されそうです。
今回の問題についても、政府には早期対策をとってもらいたいですね。

人気ランキングをチェック
by カープファン at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(1) | 夜の米国株チェック

2006年10月04日

夜の米国株チェック<10月3日>


NYダウ、取引時間中の最高値更新・一時1万1754ドル

3日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発、
一時、1万1754.55ドルをつけ、
2000年1月に記録した取引時間中の最高値(1万1750.28ドル)を更新した。

ニューヨーク原油先物相場が節目となる1バレル=60ドルを
大きく割り込み7カ月半ぶりの安値をつけ、
インフレ懸念が後退し幅広い買い注文が入った。

〜 中略 〜

【 世界の株価指数 】


現在、ナス・ダウ共に上げ幅を拡大中。

このまま堅調に推移してくれれば、
明日の日本株式にとっても心強い材料になりそうですね。

人気ランキングをチェック
by カープファン at 03:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 夜の米国株チェック

2006年09月26日

夜の米国株チェック<9月26日>


米国株、小動きで始まる――企業業績に警戒も下値で押し目買い

26日の米国株式相場は小動きで始まった。

ダウ工業株30種平均は午前9時35分現在、
前日比6ドル32セント安の1万1569ドル49セント、
ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は
同4.76ポイント安の2244.31で推移している。

市場予想を下回る主要企業の決算発表や
投資判断の引き下げを受けた銘柄が下げていることが相場の重しになっている。
ただ、下値を売り込む動きはみられず、主要株価指数は総じて底堅い。
10時に発表される9月の消費者信頼感指数の内容を
見極めたいとの雰囲気もある。

〜 中略 〜

【 世界の株価指数 】


その後、現時点ではナス・ダウともに上げ幅を拡大。
消費者信頼感指数が予想を上回ったことで、
買いにつながっているようです。

ここ数日、新興も含めて日本株市場は軟調。
連れ高を期待できるよう、米国市場にも頑張って欲しいですね。

人気ランキングをチェック
by カープファン at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 夜の米国株チェック

2006年09月23日

夜の米国株チェック<9月22日>


米国株、小幅安で始まる――景気減速懸念で買い手控え

22日の米国株式相場は小幅安で始まった。

ダウ工業株30種平均は午前9時35分現在、
前日比12ドル41セント安の1万1520ドル82セント、
ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は
同5.92ポイント安の2231.83で推移している。

目立った経済指標の発表がなく新規手掛かりに乏しい中、
景気減速懸念から売りが優勢となった前日の流れを引き継いだ。
ただ、個別の好材料株を物色する動きが出ており、
今のところ下値を一段と売り込む動きはみられない。

〜 中略 〜

【 世界の株価指数 】


今日もまた米国株は軟調に推移。
FOMCの結果も踏まえ、景気減速懸念がかなり強まっているようですね。

ここに来て日本株の上値も重くなっており、
また来週以降も下落して始まるかもしれません。

人気ランキングをチェック
by カープファン at 03:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 夜の米国株チェック

2006年09月19日

夜の米国株チェック<9月18日>


米国株、小幅安で始まる――高値警戒感やFOMC前で買い入らず

18日の米株式相場は小幅安で始まった。

午前9時35分現在、ダウ工業株30種平均は
前週末比18ドル49セント安の1万1542ドル28セント、
ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は
同4.41ポイント安の2231.18で推移している。

ダウ平均が年初来高値に近づくなど相場が高値圏にあることや、
20日の米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に積極的な買いが入りにくい。
午後に発表される9月の住宅市場指数を見極めたいとの
様子見ムードもみられる。

〜 中略 〜

【 世界の株価指数 】


本日、GMとフォードが今夏に合併・提携を協議していたことがニュースに。
それにしても、GMの復活にはまだまだ時間がかかりそうですね。

明日からいよいよ連休明けの相場が始まります。
9月の中間配当を狙った買いもそろそろ入る頃かもしれません。
ネガティブ要素にならないよう、
米国市場にも頑張って欲しいですね。

人気ブログをチェック
by カープファン at 01:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 夜の米国株チェック



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。