2006年08月09日

夜の米国株チェック<8月8日>


米国株、小幅高で始まる――利上げ休止期待、原油やインフレ重しも

8日の米株式相場は小幅高で始まった。
午前9時35分現在、ダウ工業株30種平均は
前日比35ドル30セント高の1万1254ドル68セント、
ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は
同6.22ポイント高の2078.72で推移している。

14時15分発表の米連邦公開市場委員会(FOMC)結果や
声明文を見極めたいとして様子見ムードが強い中、
米景気の減速感から利上げ見送り観測が強まっていることが
相場を下支えしている。
一方、朝方労働省が4―6月期の労働生産性と同時に発表した
単位労働コストが市場予想以上に上昇したことなどが重しとなっている。
前日からの原油相場高騰の背景である
アラスカのパイプライン一部操業停止が続いていることも、
やや市場参加者の心理を冷やしている。

〜 中略 〜

【 世界の株価指数 】


昨日開かれた8月の月例経済報告では、
景気の基調判断として「回復している」で据え置き。

日経平均はここしばらく15000円前後でもみ合っていますが、
そろそろ上に抜けていって欲しいですね。

上位50位を見る ⇒
by カープファン at 01:57 | Comment(0) | TrackBack(1) | 夜の米国株チェック

2006年08月05日

夜の米国株チェック<8月4日>


ダウ平均、一時100ドル超す上げに・円相場も上昇

4日のニューヨーク金融市場では
朝方発表となった7月の米雇用統計が
雇用情勢の減速を示したことから利上げ休止観測が強まり
株式、債券相場が上昇、外国為替市場では円相場が上昇した。

ダウ工業株30種平均は一時、上げ幅が前日比100ドルを超えた。
その後は伸び悩み、正午(日本時間5日午前1時)現在、
前日比28ドル26セント高の1万1270ドル85セント。
円相場は同80銭円高・ドル安の1ドル=114円15―25銭。

〜 中略 〜

【 世界の株価指数 】


尚、今現在はその後かなり下落が進み、
前日比マイナスになって来ました。

日本もここ数日堅調でしたが、
週明け当たりにでも、一端利益確定でまた出そうですね。

上位50位を見る ⇒
by カープファン at 03:12 | Comment(1) | TrackBack(1) | 夜の米国株チェック

2006年08月04日

夜の米国株チェック<8月3日>


米国株、売り先行――小売株の一角が安い、ECB・英利上げも重し

3日朝の米株式相場は反落して始まった。
午前9時40分現在、ダウ工業株30種平均は
前日比37ドル46セント安の1万1162ドル47セント、
ハイテク株比率の高いナスダック総合株価指数は
同14.51ポイント安の2064.30で推移している。

小売り各社が発表した7月の既存店売上高で、
大手の一角がさえない結果となったことが重しになっている。
欧州中央銀行(ECB)とイングランド銀行(英中央銀行)が
利上げを決定。
英国の利上げは想定外だったとみる市場参加者が多く、
世界的な金融引き締めが市場心理を冷やしている面もある。

〜 中略 〜

【 世界の株価指数 】


ただし、現在は徐々に盛り返しており、
ナスダウともに、とうとう前日比プラスに反転。

金曜日ではあるものの、明日も底堅い展開か。
安心して買えるようになる日も近いかもしれませんね。

上位50位を見る ⇒
by カープファン at 02:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 夜の米国株チェック

2006年08月02日

夜の米国株チェック<8月2日>


米国株、反発で始まる――企業の好決算や買い戻しで

2日の米株式相場は反発して始まった。
ダウ工業株30種平均は午前9時35分現在、
前日比46ドル58セント高の1万1172ドル31セントで、
ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は
同14.48ポイント高の2076.47で推移している。
企業の好決算などを手掛かりに買いが先行している。

前日に株式相場が下げた反動で、買い戻しが入っている面もある。
ただ、原油先物相場が上昇して始まったことを
警戒する市場参加者も多い。

〜 中略 〜

【 世界の株価指数 】


昨日は米国株の下げに反して日本株式が小幅反発しているだけに、
今日このまま順調に推移すれば、
明日の日経平均も期待できそうですね!

上位50位を見る ⇒
by カープファン at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 夜の米国株チェック

夜の米国株チェック<8月1日>


米国株、売り先行で始まる――インフレ懸念で買い手控え

1日の米国株式相場は売り先行で始まった。
ダウ工業株30種平均は午前9時40分現在、
前日比39ドル14セント安の1万1146ドル54セント、
ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は
同18.19ポイント安の2073.28で推移している。

米商務省が午前8時半に発表した6月の個人消費支出(PCE)で
物価指標であるエネルギーと食品を除くコアPCEデフレーターが
前年同月比2.4%上昇となった。
インフレ懸念から買い手控えムードが強い。

〜 中略 〜

【 世界の株価指数 】


結局、またしても利上げ観測が浮上してきましたか。

さきほどWBSでもやっていましたが、
利上げと株価の関係はかなり密接に推移しています。
このままだともうしばらく米国株、ひいては日本株の上昇には
時間が掛かりそうですね。

上位50位を見る ⇒
by カープファン at 00:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 夜の米国株チェック



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。