2007年01月28日

今日の注目ニュース<1月28日>


ネット投資家「株短期売買」減らす、売買回転率が急低下

インターネットで株式を売買する「ネット投資家」たちが、
値動きの激しい株式を頻繁に売り買いする「短期売買」を減らしている。

ネット証券大手5社について調べたところ、
売買の頻度を示す「売買回転率」が1年前の半分近い水準に下がった。
個人投資家は最近の株高で株式売買を再び増やし始めており、
短期売買から長期保有に投資姿勢が変わってきたとの見方がある。

〜 中略 〜

NIKKEI NETの記事はこちらから。
  『ネット投資家「株短期売買」減らす、売買回転率が急低下』

個人的にもそうだったのですが、
最近は上昇相場だけに、小幅の利ざやで売買するよりも
ある程度長期で保有する方が結果的には効率が良い気がしますね。

配当や優待がますます充実してきたことも、
個人投資家の長期保有に効き始めているのかも知れませんね。

注目銘柄はこちらでチェック
by カープファン at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の注目ニュース

2007年01月24日

今日の注目ニュース<1月23日>


東証の4―12月期、営業利益29%増

東京証券取引所が23日発表した2006年4―12月期の連結営業利益は
244億円と前年同期に比べて29%増えた。
株式売買が活発で、証券会社から受け取る手数料や相場情報の提供料が伸びた。

新規上場企業数も高水準で推移しており、
2007年3月期通期の営業利益は前期288億円を上回る見通しだ。

〜 中略 〜

NIKKEI NETの記事はこちらから。
  『東証の4―12月期、営業利益29%増』

やはり個人資産が「貯蓄」から「投資」へと、
確実に流れてきていることの裏づけとも言えるニュースではないでしょうか。

そこまで利益体質なのであれば、
今後、手数料の値下げやサーバの増強など、
もう少しユーザビリティの向上を意識した改善を行って欲しいですね。

注目銘柄はこちらでチェック
by カープファン at 04:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の注目ニュース

2006年12月30日

今日の注目ニュース<12月29日>


日経平均4年連続上昇、上昇率は縮小・新興市場は下落

大納会の東京株式市場では
日経平均株価の終値が1万7225円83銭(前日比1円2銭高)となり、
年間で6.9%(1114円)値上がりした。

日経平均が前年末を上回るのは4年連続。
上場企業、投資ファンドを巡る不祥事や金融政策の転換などを受けて年央に調整したが、
好調な企業業績やM&A(企業の合併・買収)の活発化を手掛かりに
年末にかけて水準を切り上げた。

日経平均の年間の上昇率は4割を超えた昨年から縮小。
ライブドアの粉飾決算事件を契機に急落した新興市場は
日経ジャスダック平均が4年ぶりに下落(21%)し、
東証マザーズ、大証ヘラクレスの両指数はともに5割余り下がった。

〜 中略 〜

NIKKEI NETの記事はこちらから。
  『日経平均4年連続上昇、上昇率は縮小・新興市場は下落』

今日で今年1年の市場が終了。
引き続き東証1部は堅調に推移してますね。

今年はライブドアの件をきっかけに新興市場は全体的に大きく下落。
来年こそは新興市場にも資金が戻ってくることを祈りたいですね。

注目銘柄はこちらでチェック
by カープファン at 01:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の注目ニュース

2006年12月16日

今日の注目ニュース<12月15日>


ネット関連企業の外国人持ち株比率が低下

インターネット関連企業の外国人持ち株比率が低下している。

9月末(一部企業は8月末)の保有比率が
半年前から3―5ポイント低下したケースが目立つ。
今年春以降に業績予想を下方修正した企業が多く、
株価の低迷が外国人の売りにつながったと見られる。

投資対象を見直す動きが広がったことも影響したようだ。

〜 中略 〜

NIKKEI NETの記事はこちらから。
  『ネット関連企業の外国人持ち株比率が低下』

先日、WBSか何かのニュースで、
海外の投資家が日本株に割高感を感じ始めている、というニュースがありましたが、
ここ数日は日本株は堅調に推移してますね。

目先の利上げ観測低下も、株式市場にとっては追い風と言った感じでしょうか。

注目銘柄はこちらでチェック
by カープファン at 01:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の注目ニュース

2006年12月11日

今日の注目ニュース<12月11日>


国債新規発行額、07年度は最大の減額・首相が指示

安倍晋三首相は11日、2007年度予算編成で、
歳入不足を補うための国債の新規発行額の減額幅を過去最大とするよう
尾身幸次財務相に指示した。

国債発行額を06年度当初予算の29兆9730億円から4兆4170億円以上減らし、
25兆5560億円未満とする。
企業業績の改善による法人税などの増加を見込み、財政健全化路線を鮮明にする。

〜 中略 〜

NIKKEI NETの記事はこちらから。
  『国債新規発行額、07年度は最大の減額・首相が指示』

財政健全化路線と言いつつも、
まだまだ25兆円というのは解決までほど遠いイメージです。

ちなみに、日本の借金の状況を表示する 『借金時計』 なるものがあります。
面白いサイトではありますが、途方もない数字ですね。

注目銘柄はこちらでチェック
by カープファン at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の注目ニュース



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。