2006年08月26日

今日の注目ニュースA<8月26日>


不動産私募ファンド9社、今期そろって増収増益

不動産私募ファンド運営9社の今期の連結業績は
そろって大幅な増収となり、経常利益も過去最高になる見通しだ。

ファンドの運用資産残高が積み上がり、
管理手数料収入が増える。
不動産市場の活況を背景に、
物件を高額で売却できた際などに得る成功報酬も大きく伸びる。
自己資金での不動産投資が増え、売上高が膨らむ例もある。

〜 中略 〜

NIKKEI NETの記事はこちらから。
  『不動産私募ファンド9社、今期そろって増収増益』

上記記事によると、
(株)ダヴィンチ・アドバイザーズは、
通称「1兆円ファンド」の運用開始などで資産残高が増え、
管理手数料が前期の2倍超の75億円。

セキュアード・キャピタル・ジャパン(株)
成功報酬で62%増の27億3300万円を見込む、
とのことです。

不動産ファンドの好調はどこまで続くのでしょうね。

上位50位を見る ⇒
by カープファン at 15:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の注目ニュース

今日の注目ニュース<8月26日>


ネット証券のジョインベスト、売買手数料下げ

野村グループのジョインベスト証券は
10月2日から株式の売買手数料を引き下げる。
下げ幅は売買代金が20万円を超える部分について50―100円で、
業界最低水準となる。

5月に開業した同社はネット証券としては後発。
激化する値引き競争に対応し、顧客基盤の拡大を狙う。

〜 中略 〜

ジョインベスト証券のプレスリリースはこちらから。
  『ジョインベスト証券、株式委託手数料(基本手数料)の改定など発表』

以前、現在ジョインベスト証券が実施している
手数料割引のキャンペーンについてお伝えしましたが、
今回のニュースは、そのキャンペーン終了後についての
継続的な料金値下げのようですね。

この機会に口座を作ってみようと思います。

アイコン/素材

上位50位を見る ⇒
by カープファン at 11:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の注目ニュース

2006年08月23日

今日の注目ニュース<8月23日>


米グーグル無料ウェブメール、日本で23日スタート

米グーグルは23日、
無料のウェブメールサービス「ジーメール」の
日本での本格サービスを始めた。

従来は既存の利用者から招待された人だけが登録できたが、
自由に利用登録できるようにした。
送受信メールの保存容量が無制限で検索機能に優れるという特徴を打ち出し、
ポータル(玄関)サイト最大手のヤフーを追撃する。

〜 中略 〜

Gmailの登録はこちらから。
  『Gmailへようこそ』

個人的には前に知人から紹介してもらったので
Gmailのアカウントを持っていたのですが、
さほど使っていませんでした。

Gmailをきっかけに、
毎日みんながGoogleにアクセス&ログインするようになると
確かにYahoo!にとっては脅威な存在になりそうですね。

上位50位を見る ⇒
by カープファン at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(1) | 今日の注目ニュース

2006年08月21日

今日の注目ニュース<8月21日>


データセンター市場規模、2010年に8割増に・IDCジャパン

調査会社のIDCジャパン(東京・千代田)は21日、
通信会社がインターネット関連企業などのサーバーを預かる
データセンターの市場規模が、2010年に4189億円になると発表した。

05年実績の約8割増にあたる。
コンテンツ(情報の内容)配信サービスなどの増加で、
データセンター利用の拡大が続く。

〜 中略 〜

IDC Japanの記事はこちら。
  『データセンター市場規模、2010年に8割増に・IDCジャパン』

この業界の銘柄として、
個人的には、(株)ブロードバンドタワーに注目しています。
IPO後、一気に4倍近くにまで株価は上昇しましたが、
その後株価は低迷しており、
現在は当時の5分の1くらいの水準で推移しています。

まだまだ安値圏と言うわけでもありませんが、
今後の成長予想・市場ニーズ自体は悪くないので
果たしてそろそろ反転に転じるのかどうか、
注目しておきたいですね。

上位50位を見る ⇒
by カープファン at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の注目ニュース

今日の注目ニュース<8月20日>


株譲渡益や配当の軽減税率、期限延長を要望・金融庁

金融庁の2007年度の税制改正要望の概要が固まった。
07年度末までに期限切れとなる株式譲渡益や配当の軽減税率について、
実質的な延長を求めるのが柱。
税制面での投資優遇を通じ
「貯蓄から投資へ」の流れを勢いづける考えだ。
財務省は軽減税率の打ち切りを主張しており、
決着は年末の与党税制調査会での議論に持ち越されそうだ。

〜 中略 〜

NIKKEI NETの記事はこちら。
  『株譲渡益や配当の軽減税率、期限延長を要望・金融庁』

これまでが優遇されていただけとはいえ、
税率が10%から元の20%に戻るとなると
かなり抵抗感がありますね。

せっかくここ数年で加熱してきた投資家心理が
冷めてしまわないよう、是非とも配慮して欲しいと思います。

上位50位を見る ⇒
by カープファン at 01:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の注目ニュース



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。