2006年08月24日

今日の注目株<8月24日>


今日の注目株は(株)インテリジェント ウェイブ

金融業向けシステム構築のインテリジェントウェイブが
23日発表した2006年6月期決算は、
連結経常利益が前の期の単独比2.1倍の14億5200万円だった。

主要取引先であるクレジットカード業界での投資拡大を追い風に、
金融決済関連システムが好調だった。

〜 中略 〜

NIKKEI NETの記事はこちら。
  『インテリWの前期、経常利益14億円・金融決済関連が好調』

今日の(株)インテリジェント ウェイブは、
昨日の好決算を受けて、
現在はストップ高に張り付いています。
年初来高値更新も視野に入ってきました。

この勢いがいつまで続くか、楽しみですね。

アイコン/素材

上位50位を見る ⇒
by カープファン at 09:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の注目株

2006年08月23日

今日の注目株<8月23日>


今日の注目株はグッドウィル・グループ(株)

グッドウィル・グループが23日発表した2006年6月期の連結決算は、
純利益が前の期の2.3倍の34億円だった。
2本柱の人材派遣事業と介護事業がともに好調だった。

前期の期末配当は、従来予想より125円多い500円(年間配当は1625円)とする。
3月に実施した株式分割を考慮すると、
年間配当は分割後の1株当たり375円の実質増配となる。

〜 中略 〜

本日の決算発表によると、
売上高、営業利益、経常利益、当期純利益の全てにおいて
昨年実績よりも大幅に上昇。
かなり好調な企業業績が見て取れます。

NIKKEI NETの記事はこちら。
  『グッドウィルの前期、純利益2.3倍の34億円』

マネックスナイターの買付取引未成立ランキングでは
現在7位に入っています。
やはり好調な企業業績を受け、保有したい人が多いようですね。

アイコン/素材

上位50位を見る ⇒
by カープファン at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の注目株

今日の注目株<8月22日>


今日の注目株は野村ホールディングス(株)

野村証券は22日、関東財務局から
同日付で銀行代理店業務の許可を取得し、
9月4日から預金受け入れなどのサービスを始めると発表した。

4月に一般企業向けに銀行代理店が解禁されてから、野村が参入第一号となる。
証券投資の待機資金などを取り込む受け皿を提供し、
顧客の利便性を高める。

〜 中略 〜

NIKKEI NETの記事はこちら。
  『野村、9月4日から銀行代理店業務を開始』

以前、これほどネット証券が主流になってない時は
野村ホームトレードを使ってました。
担当者がきちんといる、と言う安心感も良かったのですが、
やはり手数料の安さには勝てなかったのを覚えています。

今回のニュースを聞いて、
久しく使っていない野村の口座を思い出しました。
寝かせている資金に対して、
銀行よりも利率面で有利になったりすることもあるかも知れませんね。

上位50位を見る ⇒
by カープファン at 01:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の注目株

2006年08月21日

今日の注目株<8月21日>


今日の注目株は(株)タカラトミー

サンリオとタカラトミーは共同で新キャラクターの育成に乗り出す。
サンリオが自社のうさぎのキャラクター
「シュガーバニーズ」の商品化権をタカラトミーに供与。
サンリオのキャラクター企画力と、
タカラトミーの商品化のノウハウを合わせて、認知度を高める。

タカラトミーは11月以降順次、グループ企業も活用して
玩具、衣料品、雑貨、菓子などのキャラクター商品を発売する。
グループ内で手掛けていない商品については
他社にキャラクターをライセンス販売して商品化し、収入を得る。
新キャラクター関連商品の販売額は年間100億円を見込む。

〜 中略 〜

NIKKEI NETの記事はこちら。
  『サンリオとタカラトミー、共同で新キャラクター育成』

(株)タカラトミー
今年の3月1日にタカラとトミーの合併により設立。
5月に発表された前期の決算報告書では、
売上高こそ大幅上昇したものの、赤字決算となりました。

今週8月22日、第1四半期決算発表を控えていることもあり、
この1週間の値動きには注目ですね。

アイコン/素材

上位50位を見る ⇒
by カープファン at 07:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の注目株

2006年08月19日

今日の注目株<8月19日>


今日の注目株はエネサーブ(株)

エネサーブは18日、
主力の自家発電設備の販売事業から撤退すると発表した。
原油高の影響で発電機販売が伸び悩んでいるほか、
燃料となる重油の仕入れで損失が膨らみかねないと判断した。

電力小売りが自由化され、
原油が安かった時期には割安な電気を供給できる自家発電機で
脚光を浴び急成長してきたが、
戦略転換を余儀なくされ、今後は電気の小売りなどの事業を中心にする。

〜 中略 〜

NIKKEI NETの記事はこちら。
  『エネサーブ、主力の自家発電事業から撤退』

省エネ事業は今後の注目分野だと思っていますが、
なかなか利益を上げるには難しいですね。

ちなみに、本日の株価は大きく上昇していますが、
本日の決算発表にあわせて、
大幅な下方修正と特別損失を発表。
来週以降、どのように動くのか注目したいところです。

上位50位を見る ⇒
by カープファン at 02:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の注目株



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。